Apple Watchは新型コロナウィルス検査に有効か?

essay
Apple WatchでPCR検査より1週間早く新型コロナの陽性診断予測可能、マウントサイナイ医科大学発表 | TechCrunch Japan
マウントサイナイ医科大学の研究者によると、Apple Watchをはじめとしたウェアラブルハードウェアにより、現行のPCR検査よりも最大1週間早く新型コロナウイルス(COVID-19)の陽性診断を効果的に予測できることが、「Journal of Medical Internet Research」に査読済み論文とし..

上の記事を読みました。

原典までは確認していないのですが、この記事を読んで、Googleのインフルエンザ予測の話を思い出しました。

「Googleインフルトレンド」の失敗から学ぶ、ビッグデータの未来 | HBRアナリティクスブログ
『ヤバい統計学 』の著者でマーケティング分析のプロ、カイザー・ファングの記事をお届けする。グーグルのインフルエンザ予測モデルが失敗した事例を基に、ビッグデータの現状と課題を考える。本誌2014年5月…

把握していなかったのですが、うまくいかなかったんですね。

現在の新型コロナウィルスの感染の有無を調べるためには、一般的にはPCR検査、一部で抗原検査。

過去の感染の有無を調べるために、抗体検査と言われています。

今回の記事は、PCR検査にApple Watchが代わりになる、という解釈ではないと思います。

新型コロナウィルスに感染しても、感染初期は症状もなく、また無症状や軽症で推移することも多いです。

また、PCR検査の特異性が高かったとしても、偽陽性や偽陰性は一定の確率で発生しえます。

今回の報告が役に立つのは、無症状や軽症例に対するスクリーニングになる、という期待だと思います。

実際の疾病管理の観点からは、Apple Watchをはじめとしたスマートデバイスが有効だとわかったあとで、さまざまな手続きが待ち構えているのでしょうけど。

理想は、発症管理よりも重症化管理に使用できるといいな、と感じました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました