突然充電できなくなったiPhoneが復活した話

突然iPhoneが充電できなくなりました。

バッテリが30%くらいの表示で、寝る前にコードをつないで、朝起きたら6%!
こんな経験ありませんか?慌てますよね?
私もそんな状態で、慌てて新しいiPhoneを注文したのですが、入荷まで1ヶ月くらいかかると言われ、途方に暮れておりました。
途方に暮れた私が、インターネット及びgoogleの力を借りて、見事にiPhoneを復活させた話です。
大げさですね。

とりあえずスペックです。

購入から2年ちょい経ったiPhone5S
普段使いから、動画を見たり、LINEしたりで、寝る前には充電は枯渇気味です。
当然外部バッテリも使用しています。

最初の処置

接触が悪いと思って、ぐりぐりしました。
角度によっては充電できたりしました。
そのまま、角度を調整しながら2週間程度凌ぎました。
充電ができなくなる
そして、冒頭の状態です。
朝、充電がなくなって、それからは角度を調整しても一向に電気がたまっていきません。
慌てて新しいiPhoneを注文しても、1ヶ月待ち。どうする??
他のスマホにする?
古いスマホを引っ張り出す?

解決への道

では、どうしたか?

iphoneコネクタの接触不良で充電できない時の対処法!

以下の方法は自己責任でお願いします。申し遅れましたが、角度の調整も自己責任でお願いします。

「iPhone」「充電できない」で検索し、こちらのサイトを参考に作業をしました。
ただ除光液と子供用綿棒は手元になく、消毒用アルコールとティッシュを使って行いました。
ティッシュの角をつまんでくりくりしてこより状にしました。くしゃみをするために尖がらせるアレです。
その先の方に消毒用アルコールを噴霧して、iPhoneの端子の中をぐりぐりしました。

何度か繰り返すうちに、こよりに黒いものがついてくるようになりました。
そこで、端子に対して押し付ける力が足りないのではないかと考え、こよりをピンセットの先でつまんで、端子にぐりぐりと押し付けました。
すると、先ほどよりももう少し黒くなりました。

何度か繰り返すと、大きめのホコリがついてきます。
何気なく、端子の中でピンセットをつまんで引き出してみました。

・・・ホコリが出てきました。

部屋の隅にたまっていそうな、思っていたよりも大きなホコリです。
直径が5㎜くらいでしょうか。
何度も繰り返すと、何度も出てきます。
冷静になると、こんなにホコリが出てくるなら、端子の汚れは相当なものであることは、想像に難くありません。

しばらく続けると、出てこなくなりました。
再度、アルコールとこよりでぐりぐりやって、ピンセットでホコリを挟んで、を繰り返しました。
ホコリや、こよりが黒くならなくなったあたりで、清掃を終了しました。

そして、充電

端子にコードをつなぐと、画面がつきました。
やはり、端子の汚れか!と小躍りしました。

しかし、画面には充電中の大きな電池の表示があるものの、抜くとケーブルの絵が出現します。
てっきり、ケーブルの絵は、「ケーブルが刺さってるよ!」の表示だと思っていたのですが、実際は、「ケーブル刺してね!」の表示だったみたいです。
慌てて、抜き差ししていました。
慌てず、様子をみましょう。

その後も、順調に充電ができるようになりました。
慌てても、まずググって解決策を探せば、意外に何とかなるものだと思いました。

できてから再度しらべると

iPhoneの電池がない状態で充電すると落雷みたいなマークが出続ける場合に確かめる事

とそのものズバリのサイトもありました。

iPhoneの端子は、清潔に!

というお話でした。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です