Thunderbirdで急にメールが送れなくなった場合は、「Check and send」を無効化しましょう。

こんばんは。
出オチシリーズ第2段!
今回はThunderbirdです。

どの設定も変更していないのに、急にメールが送れなくなったあなた。
そう、あなたです。
受信できるのに、送信ができない。
送信ボタンを連打しても無駄です。

そんなあなたは、アドオンに「Check and send」が入っていないか確認しましょう。
有名なので、説明するまでもないかもしれないですが、本文中に「添付」と記載があって、ファイルの添付がなかった場合に、警告してくれるイカしたアプリです。
でも、メールが送れなかったら、無効にしましょう。

アドオンの設定の画面の出し方が分からない?
とても気が合いますね。
私も、調べました。
その成果を、ここで披露しましょう。

左上に「ファイル」ってありますね。
そのまま右に行ってください、「ツール」ってありますね。
クリックしてください、そして「アドオン」を選びましょう。
すると、アドオンマネージャのタブが出てきます。
あとは、「Check and send」の隣にある「無効化」をクリックするだけ。簡単でしょ?

もし、それでも改善しない場合は、とりあえずThunderbirdも、PCも再起動しましょう。
それでもだめなら、また一緒に考えましょう。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です