Windows7をデュアルディスプレイにして約5年。グラボのせいにしてたら、ケーブルのせいだったよ。

タイトルで出落ち感じ満載ですが、マイペースに続けます。

LGのディスプレイ(FLATRON L1750SQ)と、MITSUBISHIのディスプレイ(Diamondcrysta RDT234WX)を使用しているのですが、三菱側が急にチラつくようになって、ストレスフルな生活を強いられていました。
グラフィックボードはNVIDIA Quadro 600
ネットで調べると、チラつきの原因は、グラボの相性だったり、アップデートが行われてなかったりなんて書いてありました。

そこで、ドキドキしながらグラボをアップデートしてみたのですが、一向に改善の気配がない。
いや、違います。
改善したと信じたくて、自分で「アップデート前よりも、チラつきの頻度が減ったんじゃない?」と、自分を無理やり納得させていました。

NVIDIA Quadro 600搭載PC購入時、近所の量販店ではDisplayPortからHDMIに変換するケーブルが販売されていませんでした。
そのため、DisplayPortからHDMIに変換するコネクタと、HDMIケーブルを購入して使用していました。

我慢して使用を続けていたのですが、画面のチラつきの原因は、ふとケーブルの劣化ではないか、と思い至りました。

そして、ケーブルを交換したら、全くチラつかない!
全くだ!
このエントリを書いている最中も、全く画面が悪くならない。
感動だ!

というわけでチラついた方は、グラボのアップデートも良いですが、ケーブルを見直すのも良いのかもしれません。

相性保証もあるので、安心して購入できます。

そして、ケーブルが思った以上に安かったので、一緒にMacをテレビにつなぐためのケーブルも購入しました。

49inchの大画面、大迫力です。
参考の記事はこちら

どちらも問題なく使用できて、とても満足できました。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です