Podcast 録音〜データ作成

そんなわけで、前回は、録音前の準備までをお届けしました。

前回のコレを参考に、簡単なレジュメを作成して、収録に臨みました。
挨拶、紹介、締めとWordで作って、いざ決戦の舞台へ。

先輩と合流し、居酒屋でいつものように話しながら飲む二人。

おもむろに、Podcastについて切り出す私。

静かな場所の方が収録向きだろうと考えて、カラオケボックスに舞台を移します。

二人の正面にそれぞれのiPhoneを置き、会話を始めます。
二台のiPhoneを同期するために、最初に3回拍手を入れました。

途中、不自然に話していることに気づいたり、うまく話そうとしすぎて会話の熱が伝わらないな、と感じながらとりあえず収録は終了。

帰宅後、編集作業に取り掛かります。

使用ソフトは、以前動画の編集で使っていた、

「Vegas Movie Studio HD Platinum 11.0」

音声のカラムに、2本の音声ファイルを入れます。

Vegas 編集画面
動画編集画面

先ほどの拍手のグラフを参考に、2本の音声ファイルの時間軸を合わせます。

あとは、音声を流して聞きながら、不適切な部分だったり、分かりにくかったり、くどかったりする部分を編集でカットしていきます。

ここで、新たな発見。
つなぎの音があると、会話が飛んだ時にもスムーズにつながる。
動画のトランジションと同じで、「変わったよ」というのが明確に伝わる感じがいいのかな、と感じた。

動画の編集もそうだけど、作ったものに対してあまり削りたくなくなってしまう。
コンテンツとして考えれば、伝えたいことの要素に対して、不要な部分は十分に削った方がいいと思うんだけど、何となく、ただ何となく残してしまって冗長になるんだよね。

とりあえず、体裁がととのって完成。

次回はアップロードできるはず。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です