ちいさな3つの目標 (3) ~3つの理由~

苺3つ

おはようございます、なおきちです。

前々回は、どんな人が目標を立てたほうがいいか。
前回は、いい目標の立て方についてお話しました。

自分で読み返して、言葉が足りないな、と感じた部分を補ってから、前回予告した「3つ」の理由についてお話しようと思います。

目標を立てる人は意識が高い系?

少し前に、「意識高い系」という言葉が流行りました。
今も流行ってたらすみません。

意識が高い人が、より高みを目指すために目標を立てるなら、自分には関係がない、と感じてしまうこともあるでしょう。
しかし、そうではないのです。
意識が高くないから、むしろ目標を立てた方がいいのです。
一般に、意識が高い人は、前に進む力が強いです。
僕のように、あまり意識が高くない人は、失敗したり、うまく行かなかったりすると、あっさりと心を折られてしまいます。
折れた心では次の挑戦は難しいです。
折れた心を修復する時間が必要になります。
しかも、概ね心が折れる理由は結果に対してで、その時のやり方がベストかどうかは検証されないのです。

目標が3つの理由

前回お話ししたように、いい目標のもつ条件があります。

1.結果ではなく、過程にフォーカスする。
2.評価のための基準が明確で、目的に合致する
3.動かないと達成できない

の3つです。

しかし、1つの目標しか持てない場合は、その目標が目的に合致していない可能性や、評価のための基準が曖昧な可能性が常にあります。
常にいい目標を立てられるわけではないため、3つ立てれば、それなりに当たるのではないか、という、1つめは後ろ向きな理由です。

次に、1つの目標で達成できないと、悲しい思いをします、心が折れてしまいます。
そのため、比較的達成しやすい、できれば合コン前半で達成できる目標を置くことで、合コンに対する自信に繋がります。

逆に、たくさんの目標を設定すると、目標を意識するのが難しくなるので、あまりおすすめできません。

そして、全体を見るための理由になるのですが、目標設定を考える、という過程そのものに意味があります。
合コンに自分が求めること、目的、評価を把握し、たくさんの要素の中から、自分にとって達成可能で、目的に近づくものを選び出す。
合コンの話しかしてきませんでしたが、実は色々なことに応用が効く話です。

合コン以外の実用例

飛び込みの営業に行かなくては行けないけど、緊張とプレッシャーでつらい場合は、

1.ドアを開けたら大きな声で挨拶する
2.担当者の連絡先を手に入れる
3.その日のうちに、お礼の連絡をする

と、目標を立てれば、少なくとも1.は達成できますよね。
2.は、いい目標の条件を全ては満たしてはいませんが、細かいことは気にしなくていいです。あくまで目安ですから。

はじめてのママ友会、

1.目があったらこちらから挨拶する
2.参加者の名前を覚える
3.1回以上褒める

初デート、

1.約束の時間の10分前に行く
2.お店の希望がなければ、自分が決める
3.名前で相手を呼ぶ

という感じです。

まとめ

  • 「うまくいかなった」という結果に対して、自分を責めてしまう人が、
  • 条件にしたがって目標を設定することで、
  • 今回の経験を次回以降に活かせるようにフィードバックしながら
  • 自分の目的に対するイベントの立ち位置を明確にすることで
  • より良く目的に近づく

以上、「ちいさな3つの目標」でした。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です